バルトレックス情報サイト

バルトレックスとジスロマックの菌に対する攻撃性

 性器クラミジア、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの性病の症状を治す薬として、バルトレックスとジスロマックという薬があります。このバルトレックスとジスロマックというのは、いずれも抗生物質ですが、どちらも性感染症の菌を退治する役割を持った薬として、病院でよく処方されているものです。まず、バルトレックスですが、この薬は口唇ヘルペス、性器ヘルペスに大きな効果が期待できる薬であり、感染してから5日以内に服用すれば早く治ることがが期待できる薬です。この薬の菌に対する攻撃性ですが、ウイルスをまず攻撃し、そしてウイルスがどんどん増殖していくことを防ぎます。内服薬ですので、医師の指示に従って、必ず毎日、服用するようにしてください。次に、ジスロマックという薬ですが、これも性感染症である性器クラミジアの治療に効果が期待できます。こちらに関しては、性器クラミジアの他にも、扁桃腺の腫れやのどの痛みなどの風邪の症状にも処方されている薬ですが、性病の薬としても処方されているのです。この薬も医師の処方に従い、きちんと服用することが求められます。必ず毎日服用するようにしましょう。こちらも菌を攻撃し、ウイルスの発生を防いでくれます。ウイルスに対する攻撃性も期待でき、完治できる薬ですので、医師の注意をよく聞くようにしましょう。副作用としては、小腸に対する運動亢進がありますので、下痢などの症状が出る場合がありますが、これは一時的な症状ですので、それほど心配することはないでしょう。バルトレックスもジスロマックも、どちらもウイルスへの攻撃性は多大に期待できるものですから、抗生物質として今後も使用の効果が期待される薬と言えます。